NEW POST

究極の孤独系ポケモン

どうでもいいことを
言いたい気分なやつ。

電車を間違えて、
めっちゃ虚しいやつ。


わたしさ、
友達もいないし
家族を築いてるわけじゃないし
仕事で必要とされてるポジションじゃないし

なんだかんだ誰にも必要とされてなくて
いつ消えてもどうにでもなるような
かすれた存在だと思っていて


その一方でさ
友達もたくさんいて
家族もちゃんといて、
部下からも支持されていて
誰からも必要とされている人がいるじゃん。


その人がさ、
わたしに向かって、
孤独を主張してくるじゃん。

うんうん、
理解してくれる人がいないのね?
帰る場所がないのね?
心開けるところがないのね?

でもね、
必要としてくれてる人がいるって
どれだけ幸せなことか。

誰かに存在を認知されてるって
どれだけ幸せなことか。

本当の孤独とは、
何かを知っているのかい、
とな。

酔っ払ったわたしは、
妄想を繰り広げているよ。

本当に辛いのはだな、
誰にも認知されないことなのぞ。

by 432marie | 2017-01-13 21:35 | ひとりごと

文字シュツルマイザーのまりえちゃんです。過去ごはんブログhttps://ameblo.jp/zurighn


by まりえちゃん。
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31